注文住宅だから出来る魅力

間取りも設備も一から考えて理想を目指せる

注文住宅を選ぶ魅力として筆頭に上がるのが理想の住宅を追求できることです。基本的には住宅の設計を全て行うことができるのが注文住宅の特徴となっています。設計士の力を借りて間取りを設計することから始めることが可能です。必要な部屋の数や配置、それぞれの部屋の大きさ、天井の高さや廊下の広さなど細かいところまで全て指定することができます。設計士が手助けをしてくれるため、建築上難しい部分を考慮したり、過去の事例からより優れた間取りがある場合には提案してもらうこともできるのも魅力です。そして、導入する設備についても自分で自由に選ぶことができます。床暖房や太陽光発電なども取り入れて最新の設備を整えた住宅にすることができるのです。


土地の選び方から自由がある

注文住宅は住宅そのものを一から設計できるだけでなく、土地から選べるのも魅力です。住みたいエリアに必要な広さの土地を探して住宅を建てるという流れで注文住宅の発注は行われています。広めの土地を確保すればゆとりのある住宅を作ることも、庭を広くすることも可能です。狭い土地しか見つからないというときにも三階建てにするなどの工夫をすることができます。中古住宅を購入して取り壊して建てるというのも選択肢の一つでしょう。住みたいエリアに土地さえ見つけられれば理想を追求できる点で魅力が大きいのが注文住宅ですが、土地の確保の方法も一つではないのです。広い土地が欲しいから注文住宅を建てるという発想を持つこともできます。

一戸建てを建てる場合、マンションやアパートに比べ多額の資金が必要となります。しかし、住んでからのことを考慮すると、月々の管理費などがかからないという利点もあります。