マンションより注文住宅が選ばれる理由

独立した場所が得られる一戸建て

注文住宅がマンションよりも選ばれている理由として、一戸建てが手に入るからというのはよくあるものです。マンションのように集合住宅ではないので、隣の部屋とは空間的な隔たりがあります。独立した場所を得て生活できるのが魅力であり、騒音や振動などについてあまり気にかける必要がなくなるのがメリットです。また、一戸建てにすると家の外側も自由に使用することができるようになります。庭を使って子供を遊ばせたり、ガーデニングや家庭菜園などを楽しむことも可能です。単純に物置小屋としたり、ペットを飼う場所としたりすることもできるでしょう。独立していて自由な生活を送りやすい一戸建てだからこそ注文住宅が選ばれているのです。


全て自分でデザインできる魅力

注文住宅は全て自分でデザインできるのも魅力です。マンションのように既成のものを選ぶのではなく、土地を選んで間取りを設計し、住宅素材、住宅設備などを選定して自分なりのデザインに仕上げることができます。家族の生活のあり方に合わせて最適化された機能性の高い住宅に仕上げることも可能です。また、美しさにこだわりを持って家づくりをすることもできるため、好みに応じて魅力のある家を手に入れられます。予算に応じて安く建ててもらうことも、他にはない高級感のあるデザイン住宅を依頼することも可能です。デザインの自由度の高さはマンションにはないものであり、オーダーメイドの自分だけの家が欲しいというときには唯一の選択肢になります。

一般的には、一軒家を購入される際すでに建築されたものを販売されるのが建売住宅であり、できるだけ予算を抑えて買いたい方に向いています。